ホーム > 企業情報 > 算数教育について

算数教育について

メッセージ

算数ができる子供は、「数字に強い」ということの他に、「論理的思考力」を身に着け、「情報処理能力」に長けていると言われています。また、表現したり相手に説明したりすることにより、「プレゼンテーション能力」も育てることができます。

これらは子どもたちのこれからの人生において大変重要なことです。これからの社会を生きていく上において、算数・数学力は、大きな武器になるのです。

これらの算数の力を付けるためには、「幼少時から10歳ころまでの取り組み方」がとても大切です。幼少時のうちから、正しい学習方法をしてくれば 10歳ころまでに大体の基本は完成しています。

算数は、考えることで答えまでたどり着きやすく、「分かった!」という経験を、子供に最もさせやすい教科です。ですから、元来、子供たちは、算数が大好きなのです。

「分かる」から、楽しくなり、楽しくなるから、もっと知りたくなる、もっとやりたくなるのです。この「分かった」という感覚は、算数だけでなく、全ての事柄に重要であり、子どもの「自己肯定感」を高め、子どもを成長させるもとになる言動力です。

算数の持っている、本来の楽しさ、面白さ、考えることの素晴らしさを、一人でも多くの子供達に伝えていきたい、と思っています。



算数力

算数力の表



企業理念
会社情報
書籍 / 記事 / 執筆
「Total Learning School SPICA®」 スタッフブログ 大迫ちあきブログ facebook 幼児さんすう総合研究所 公式ページ twitter